宮城教育大学教育学部に合格!

◯プロフィール

名前:今野さん

高校:聖ウルスラ学院英智高等学校

◯合格校

①宮城教育大学教育学部🌸

②文教大学教育学部🌸

③秀明大学学校教師学部🌸

○武田塾に入る前の成績は?

【入塾時期:高2の1月】


武田塾に入る前の成績は?

入塾時期の成績は、記述はともかく、共テ型の模試がとても悪かったです。化学基礎と現代文では7割以上取れることはありましたが、数学と英語は時間が足りなかったり、その他の教科も知識不足で5割に届かないことが多々ありました。

○武田塾に入ったきっかけは?

武田塾に入った理由は2つあります。

一つ目は自習室の使える時間が他の塾よりも長かったからです。平日と土曜日は22時まで、日曜日は18時まで使えて、とても自分にあっていました。

2つ目は授業がないことです。学校の授業を一番大切にしたいと思っていたのでこれも自分に合っていました。

○武田塾に入ってから勉強法や成績がどのように変わりましたか?

英語は単語を確実に覚え、その単語を見たらすぐに意味を答えられるように、何度も繰り返し暗記をしました。また、毎日1~2ページの英文を読んでいました。これらによって英文に対する億劫な気持ちがなくなりました。

他の教科も1週間のうちに復習日を設けるようになり、コンスタントに学べるようになりました。

おかげで共テ型の模試では、最高得点を少しずつですが、上げていくことができたと思います。

○担当の先生はどうでしたか?

とても優しく相談に乗ってくださったり、大学生活について教えてくださったりして勉強面のみならず、精神面でも支えてくださりました。とても感謝しています。

○講師からのコメント

福森先生:Kさんは、平日は学校が終わるのが遅かったうえ、土曜日や長期休暇中にも学校の授業があり、スケジュール的にはかなり忙しかったと思います。しかし、そんな中でも休み時間などの隙間時間を活用し、自分で計画を立ててコツコツと進めていた姿が印象に残っています。
1週間の宿題をきちんと終わらせ、確認テストにもほぼ毎回合格。特訓内での口頭チェックにもしっかり答えてくれていた様子を見て、本当によく頑張っていると感じていました。
また、特訓中にアドバイスしたことはメモし、特訓後のチェックで振り返り、すぐに実行するという素直さにいつも感心していました。
そんな今までの努力が実を結んで本当によかったです!おめでとうございます!

もう一度今野さんの声です。

○武田塾での思い出を教えてください!

友達とではなく1人で入塾したので”コレ!”という思い出はありませんが、塾に置かれている参考書を今のうちに!!と必死に何度も読んだことは自分にとっってはとても良い思い出です。

また、英単語を小野える時間が以前より短くなっているのを実感できたときは嬉しかったです。

○校舎長からのコメント

Kさんは、随分と忙しいスケジュールのなか、本当に頑張っているという感じがしていました。やるべきことをしっかりとこなして、確認テストもしっかり出来ていました。
いつも明るく朗らかにしている印象があって、きっと学校と塾とやることが多くて大変だろうに、それを表に出さずにいつもニコニコしていてくれるのは、立派なことだなと感心していました。

やはり厳しい状況になると、表情が暗くなったり、背中が丸まったりしちゃいますけど、そうしないでいられる、明るく頑張り続けることが出来る そういう方は良い結果を得られることが多いように思います。
いや、もちろん明るく過ごしながらやることはしっかりやっている訳ですけれどね。

Kさんは、大学に入ってもそうやって前向きにしっかり進んでいけるのではないかと信じています。
ここで勉強してきたことをしっかり生かしながら、良い学生生活を送って欲しいものです。

好きな参考書ランキングベスト3!

第1位:ナビゲーター世界史

コメント:全体の流れがよくわかるし、語り調(?)になっているので飽きずに勉強できます。豆知識も面白いです。

第2位:システム英単語

コメント:ずっとやっていたので愛着が湧きました

第3位:ポラリス

コメント:解説が丁寧で、触り心地が素晴らしいです。

○来年度以降の受験生にメッセージをお願いします!

皆さんには勉強以外にも大変なことがたくさんあると思います。いっぱいいっぱいになってしまったり、もう無理と思ったりすることもあるかもしれませんが、最後まで頑張ってください。応援しています。

今年、受験生になる方・その保護者様へ

受験相談を実施中!

武田塾では無料の受験相談も随時行っております。

勉強法や志望校について不安がある方、ぜひ、受験のプロと一緒に解決していきましょう!!

今野さんの「逆転合格」も、まずここから始まりました。
いまもっている悩みや、疑問を話してみませんか? きっと先の見通しが開けますよ。

サイト一覧