こんにちは!武田塾です。

 今回は、「東北大学の二次試験、国語をどう対策すればよいのかわからない」「今から対策をして逆転合格したい!!!」といった受験生、高校生の皆さんに対して東北大学に合格するためにどのような参考書を使用して学習して対策することが必要なのかを解説していこうと思います。今回は、国語編をお送りします!                                              ぜひ最後までお付き合いお願いします!

東北大学と2次試験の概要

東北大学は宮城県仙台市に複数のキャンパスを持つ大学です。偏差値は52.5~67.5と高い偏差値を誇っている大学でもあります。東北大学は”旧帝大”と呼ばれる国公立大学の最上位大学群に区分されています。この旧帝大には他にも東京大学や京都大学、大阪大学をはじめとした難関大学が含まれています。

国語を2次試験の受験科目として用いるのは文系学部(文学部、教育学部、経済学部、法学部)で、試験時間は120分となっています。国語の2次試験の問題構成は評論、小説、古文、漢文の計4つの大問で構成されています。2次試験の平均得点は五割から六割の間ですので、国語も同程度の点数はとりたいところです。

現代文の対策おすすめ参考書

ここからはおすすめ参考書、その活用方法についてお話ししていきたいと思います。まずは現代文からですが、ここでおすすめしたい参考書は「現代文の読解力開発講座」です。

amazon商品ページより引用

この参考書は難関大学をはじめとした国公立大学の現代文の読み方を論理的に理解することができる参考書となっています。ですので参考書の解説をよく読んで、「自分はどういったことができていなかったのか」「次にどのように改善していけば文章の理解ができるようになるのか」を分析するようにしてください。ルート表では4日2日ペースで取り組む参考書となっています。2日ある復習日でじっくり自己分析をしてください。また、この参考書を使うことで要約する力を鍛えられることもこの開発講座を進めたいポイントです。小説問題に関しては「本文に記述されていることを自分の言葉に言い換えをして記述する力」を鍛えることが大事です。要約する力を鍛えることで本文の内容を指定された文字以内におさえて解答する力を鍛えることはもちろん、文章を理解する力も向上させることができます。この参考書をやり終えた後は参考書で学んだことを応用して他の問題集や過去問でも実践してみてください。

古文の対策でおすすめの参考書

次に、古文の対策でおすすめの参考書です。古文対策でおすすめの参考書は「得点奪取古文」です。

amazonの商品ページより引用

この参考書に掲載されている問題はすべて記述式となっていて、古文の記述問題の解き方を学ぶことができます。記述解答採点基準が詳細にわかるため正しい書き方や減点のポイントを知ることができ、過去問演習に入る前の参考書としておすすめです。得点奪取古文は2部構成となっていて、典型問題編練習問題編からなっています。典型問題編で記述問題の解き方を理解して、練習問題編で実践していくという流れになります。また、解答を完成させた後は必ず模範解答をみて、採点基準をよく読み自分の答案を採点しましょう。その後こちらも現代文と同じように自分の改善すべき点を全訳と解答の解説を読みながら確認しましょう

漢文対策でおすすめの参考書

国語のおすすめ参考書の最後は漢文編です。ここで皆さんに使ってみてほしい参考書は「得点奪取漢文」です。

amazonの商品ページより引用

古文編でおすすめした参考書と同様にこちらも得点奪取シリーズとなっています。この参考書の強みは漢文記述問題の典型パターンを学ぶことができる点です。収録されている問題はすべて記述式の物が中心となっています。この参考書中に出てくる漢文はそれほど難しい物はありません。読解をする上でもし苦戦することが多い場合は基礎が固まっていない可能性が高いです。その際は漢字の意味や句形を復習しましょう。「得点奪取古文」と同様に2部構成となっています。基本的な使い方は先ほど「得点奪取古文」で記載した物と同様です。間違いの多い問題のパターンや自分の解答の改善点を洗い出して自己分析を行いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は東北大学の2次試験の国語対策におすすめの参考書を紹介してきました。

最後に、参考書を解いたり、過去問演習する際に皆さんに必ず行ってほしいことを繰り返しお伝えしますが、自己分析を必ず行ってください。

参考書に取り組んでいる際は意識ができますが、過去問演習に移ると解答解説をよく読まずに次に進んでしまったりすることがあるかと思います。問題を解きっぱなしにしてしまうことは非常にもったいないですし、演習する意味が無くなってしまいます。採点基準をしっかり確認しながら記述問題の対策をして、自分に足りなかったことは何か、次に同じ間違いをしないためにはどうすればよいのかを考えましょう。

皆さんが合格できることを願っています!!!

現在武田塾では冬だけタケダを開催中です。

無料受験相談とは?

武田塾には無料受験相談というものがあります。

武田塾の無料受験相談では

・今自分が何を勉強するべきかがわかります

・志望校に合格するために受けるべき模試を知ることができます

・必要な学習カリキュラムを知ることができます

無料受験相談に申し込んだからといって、無理に入会させるようなことはありません。

この機会にぜひ受験相談にお越しください。

武田塾ってどんな塾?

武田塾は生徒と1対1で指導を行っている個別指導塾です。

個別指導塾とは言っても、キャッチコピーである『日本初!授業をしない』から想像できるかもしれませんが、武田塾の個別指導は一般的な塾とは違い、授業をすることはありません。では、何をするのかというと「勉強法」を伝えていきます。

武田塾の個別指導とは

では、武田塾の個別指導はどういったものなのでしょうか。

紹介していきたいと思います。

指導スタイルについて

武田塾では生徒1名に対して講師が一人つくマンツーマン形式で指導を行います。

指導時間は受講するコースによって異なりますが、指導時間60分がスタンダードです。

やってきてもらった宿題がしっかりと定着しているか確認するテストがあり、こちらは指導時間60分の前に1科目60分かけて行います。

ですので、指導時間60分は丸々指導に充てられる仕組みになっています。

この部分が一般的な個別指導塾との違いです。

指導内容について

成績を上げるには、

①分かる

②やってみる

③できる

この3ステップが必要不可欠ですが、説明型の授業で得られるのは『①分かる」までです。

まず、『①分かる』のに授業は必ず必要ですか?

分かりやすい優秀な参考書は山ほどありますからそれらを使えば『①分かる』はクリアできるはずです。

ちょっと↓画像を見てみてください。

51mPCQSzu7L._SX358_BO1,204,203,200_

「1年分の講義がこの1冊に!」と書かれていますよね。

だったら授業を受けるより読んだ方が早いですよね?

武田塾では基本的に英文法だったり公式だったり読めば分かるものをイチから全て説明をするのはムダだと考えているので授業をしていません。

では、指導時間60分の間に何を行っているのかというと、『②やってみる』、『③できる』というところまで個別で親身になって徹底指導・管理しています。

『②やってみる』、『③できる』には学校や塾での演習時間内では足らず、どうしても自己学習が必要になってきます。

授業中は出来てもいざ独りでやってみるとできなかったり、暗記が上手くいかなかったり、そんな経験はありませんか?

武田塾では正しい勉強の仕方や効率的な暗記の仕方から始まり、『②やってみる』、『③できる』に関わる全てのことで指導をしていきます。

カリキュラムについて

いきなり、滅茶苦茶レベルの高い参考書をやれって言われも困りますよね?

そこで、武田塾では市販の参考書のレベルだったり効率的な使い方だったり全て分析しています。

各生徒の入塾時のレベルに合った参考書から志望校合格まで、どの参考書・問題集をどの順番でやって、、、というのをまとめてて、入試日まで残された日数を元にカリキュラムを作成しています。

『志望校』、『生徒のレベル』、『入試までの残り日数』が分かれば自動的にカリキュラムができ、独自のシステムを使って進捗を追いかけていくので、講師によってカリキュラムがぶれたりすることはあり得ません。

もちろん生徒の予定だったり苦手分野だったりに合わせてペースを変えることだってできます!

宿題について

宿題無くして武田塾にあらず

成績を上げるステップの『②やってみる』、『③できる』には自己学習が必要です。

その自己学習のサポートとして武田塾では徹底的に宿題を管理していきます。

先程説明したカリキュラムに沿って宿題を出していきます。

カリキュラムに沿って宿題が出されるので講師によって宿題が違ったり出されなかったりするということはあり得ません。

さらにその宿題の出し方にもこだわっていて『4日進んで2日戻る』という方針で宿題を出しています。

心理学者であるエビングハウスの実験によると20分後には42%、1日後には74%も忘却するという結果が出ています。

忘却には実は『再認可能忘却』と『完全忘却』という2種類があります。それぞれの言葉の意味は文字通り、再び認識できる忘れ方と完全に記憶がなくなってしまう忘れ方なのですが、大事なのは『再認可能忘却』の時に復習をすれば記憶が強化されるということです。

短期記憶を中・長期記憶へ変えていく作業に必要不可欠なのが『4日進んで2日戻る』というスタイルです。

武田塾に興味を持っていただけましたでしょうか。

そんな方はぜひ、無料の受験相談、体験特訓おまちしてます!!

友だち追加
公式LINEの登録もお願いします!