みなさんこんにちは。

武田塾です!

今回は夏だけタケダを終えた人たちにインタビューしてみました!

ぜひご覧ください。

受講生プロフィール

S高校3年生

S・Sくん

受講科目・コース

個別管理特訓S S 英語 国語

夏だけタケダを申し込んだキッカケは?

学校の指定校推薦で大学への入学を目指しています。

しかし、秋に推薦がもらえなかった時に一般入試で受験することになるので、それの準備のために夏だけタケダを申し込みました。

今まで受験勉強というものをあまり本格的に取り組んで来なかったのですが、

武田塾で勉強法を教えてもらえたので、効率的に勉強を進めていきたいと思います。

夏だけタケダをやってみてどうでしたか?

これからも特訓はたくさんあるので、まだまだこれから手応えを感じてくるところだと思います。

ただ、自己流で勉強するよりも効率良くなったと思います。

立ててもらった宿題のスケジュール通りに淡々とこなすことができています。

担当講師の印象はどうでしたか?

とても良い講師の先生に担当してもらっていると思います。

校舎に通ってみた印象は?

とても良いです。

これといった不満はなく通うことができています。

全体的な感想をどうぞ!

指定校推薦をもらうために、まずは英検をがんばりたいと思います。

もし取れなかった時は、武田塾で一般入試での合格を目指してがんばっていきたいと思います。

校舎スタッフから

S・Sくん、夏だけタケダを受講していただきありがとうございました!

一番の希望は指定校推薦をもらって合格するということなので、

まずはそれをブレずに頑張ってもらいたいと思います。

もしそれが取れなくても、きちんと受験勉強を進めていけば、

志望校に合格できる可能性を高めることができます。

目指せ第一志望校合格!

次は冬だけタケダ!

※画像は昨年のものです

夏だけタケダはもう終わりですが、

冬休みが近づくと

冬だけタケダ

の申込がスタートします。

冬だけタケダ概要

冬だけタケダとは、入会金なしで1ヶ月限定で武田塾の勉強法を体感してもらう外部生向けの講習です。

・武田塾の勉強法に興味があり、まずはお試しで勉強してみたい人!

・冬休みの1ヶ月を効率的に使いたい人!

ぜひ、この機会にタケダの勉強法を実践し、志望校を近づけましょう🔥

【申込期間】※予定です

2022年11月1日〜2023年2月28日

【受講期間】※予定です

2022年11月1日〜2023年2月28日

【対象】

高1・2年生

武田塾ってどんな塾?

武田塾は生徒と1対1で指導を行っている個別指導塾です。

個別指導塾とは言っても、キャッチコピーである『日本初!授業をしない』から想像できるかもしれませんが、武田塾の個別指導は一般的な塾とは違い、授業をすることはありません。では、何をするのかというと「勉強法」を伝えていきます。

武田塾の個別指導とは

では、武田塾の個別指導はどういったものなのでしょうか。

紹介していきたいと思います。

指導スタイルについて

武田塾では生徒1名に対して講師が一人つくマンツーマン形式で指導を行います。

指導時間は受講するコースによって異なりますが、指導時間60分がスタンダードです。

やってきてもらった宿題がしっかりと定着しているか確認するテストがあり、こちらは指導時間60分の前に1科目60分かけて行います。

ですので、指導時間60分は丸々指導に充てられる仕組みになっています。

この部分が一般的な個別指導塾との違いです。

指導内容について

成績を上げるには、

①分かる

②やってみる

③できる

この3ステップが必要不可欠ですが、説明型の授業で得られるのは『①分かる」までです。

まず、『①分かる』のに授業は必ず必要ですか?

分かりやすい優秀な参考書は山ほどありますからそれらを使えば『①分かる』はクリアできるはずです。

ちょっと↓画像を見てみてください。

51mPCQSzu7L._SX358_BO1,204,203,200_

「1年分の講義がこの1冊に!」と書かれていますよね。

だったら授業を受けるより読んだ方が早いですよね?

武田塾では基本的に英文法だったり公式だったり読めば分かるものをイチから全て説明をするのはムダだと考えているので授業をしていません。

では、指導時間60分の間に何を行っているのかというと、『②やってみる』、『③できる』というところまで個別で親身になって徹底指導・管理しています。

『②やってみる』、『③できる』には学校や塾での演習時間内では足らず、どうしても自己学習が必要になってきます。

授業中は出来てもいざ独りでやってみるとできなかったり、暗記が上手くいかなかったり、そんな経験はありませんか?

武田塾では正しい勉強の仕方や効率的な暗記の仕方から始まり、『②やってみる』、『③できる』に関わる全てのことで指導をしていきます。

カリキュラムについて

いきなり、滅茶苦茶レベルの高い参考書をやれって言われも困りますよね?

そこで、武田塾では市販の参考書のレベルだったり効率的な使い方だったり全て分析しています。

各生徒の入塾時のレベルに合った参考書から志望校合格まで、どの参考書・問題集をどの順番でやって、、、というのをまとめてて、入試日まで残された日数を元にカリキュラムを作成しています。

『志望校』、『生徒のレベル』、『入試までの残り日数』が分かれば自動的にカリキュラムができ、独自のシステムを使って進捗を追いかけていくので、講師によってカリキュラムがぶれたりすることはあり得ません。

もちろん生徒の予定だったり苦手分野だったりに合わせてペースを変えることだってできます!

宿題について

宿題無くして武田塾にあらず

成績を上げるステップの『②やってみる』、『③できる』には自己学習が必要です。

その自己学習のサポートとして武田塾では徹底的に宿題を管理していきます。

先程説明したカリキュラムに沿って宿題を出していきます。

カリキュラムに沿って宿題が出されるので講師によって宿題が違ったり出されなかったりするということはあり得ません。

さらにその宿題の出し方にもこだわっていて『4日進んで2日戻る』という方針で宿題を出しています。

心理学者であるエビングハウスの実験によると20分後には42%、1日後には74%も忘却するという結果が出ています。

忘却には実は『再認可能忘却』と『完全忘却』という2種類があります。それぞれの言葉の意味は文字通り、再び認識できる忘れ方と完全に記憶がなくなってしまう忘れ方なのですが、大事なのは『再認可能忘却』の時に復習をすれば記憶が強化されるということです。

短期記憶を中・長期記憶へ変えていく作業に必要不可欠なのが『4日進んで2日戻る』というスタイルです。

武田塾に興味を持っていただけましたでしょうか。

そんな方はぜひ、無料の受験相談、体験特訓おまちしてます!!

受験相談

公式LINEの登録もお願いします!

友だち追加