◯プロフィール

名前:五十嵐 桃さん

高校:向山高等学校

◯合格校

①宮城学院女子大学🌸

②宮城学院女子大学教育学部幼児教育専攻🌸

③仙台白百合女子大学人間学部グローバルスタディ科🌸

○武田塾に入る前の成績は?

【入塾時期:高3の8月】

・当時の成績は下降していた

・高2まではある理系大学を志望しており、推薦も視野にいれていたので定期試験の対策もして校内でも上の方にいました。しかし、高3になり、急にその大学に行きたい理由が分からなくなり、勉強にも身が入らなくなってしまい、成績もそれに伴って降下するようになってしまっていました。校内でも下から数えた方が早く、偏差値も10以上下がっていました。

○武田塾に入ったきっかけは?


一番はいまの状況を打破しないと本格的にまずいのでは?と自分でも感じていたためです。
「高3の夏からの入塾でも間に合って、自分のペース・学力にもあわせて進められる、生徒と先生の距離が近い」そんな塾はどこだろう?と考えていた頃、母が武田塾のパンフレットを持ってきてくれたため、急遽武田塾の無料受験相談に行くことになりました。そこでのお話がすべて私が求めている塾の理想像に合っていたため、すぐに入塾することにしました。

○武田塾に入ってから勉強法や成績がどのように変わりましたか?


勉強法については、一冊の参考書を完全に理解するまで何度も繰り返し解くようになりました。入塾前までは参考書は自分の苦手な分野だけつまみ出して勉強し、それ以外はみないような使い方をしていたのですが、入塾後はそれが無くなったため、「あっ、いままで得意だと思っていたこの分野、何も分かっていなかった!」という事が増え、それのおかげで丁寧で質の良い学習を自分で出来るようになりました。また勉強時間が増えるにつれて自分自身と向き合う時間も増えていったため、それまで分からなくなっていた「自分は何が学びたいのか」ということについても段々と見えてくるようになっていました。自分が何に向かって勉強をしているのかということがはっきりしてくると、それに伴って関係する強化の成績も上がっていきました。
入塾前と入塾後で、英語の模試の成績の偏差値は12上がっていました。

○担当の先生はどうでしたか?


何でもストレートに伝えてくれる先生で、遠回しな言われ方では物事が伝わらない私にはかなりありがたい先生でした(笑)。
出来ない部分を的確に教えてくれたり、また私が聞いた質問に対しても素早い回答をしてくれたりと、とても頼りがいのある先生でした。
宿題に関してもかなり厳しい面があったため(笑)、・・・先週言われた部分ができていないと結構注意されるんです・・・「ここ先週言われたやつだ!ちゃんと理解しなきゃ今週まずいぞ!」と、どこを問われても正確に答えられるようになるまで宿題にも取り組むことが出来るようになりました。

講師からのコメント

新井先生:五十嵐さんからは、出された宿題に対して一生懸命、完璧にするまでやりこもうという姿勢を感じました。また、一週間でわからなかったところを特訓時にまとめて質問してくれました。分からないところを分からないままにしない、ということを大切に日々勉強できていました。宿題を真剣にこなすことで、できないをできるに変えていく一週間をそ積み重ねていったことが合格につながったのだと思います。合格おめでとうございます。

もう一度五十嵐さんの声です。

○武田塾での思い出を教えてください!


・先生との距離が近いこと
特定の生徒と特定の先生の距離が近いのではななく、どの先生と生徒の距離も近い塾だと思います。そのため、私自身もいろいろな先生とお話する機会があり、様々な勉強以外の楽しいお話を聞くことが出来たため、それが良い思い出になりました。

・特訓の時
特訓で採点をしているときに(間違えたため)先生の手の動きが止まる瞬間がすごく怖かったです(笑)。
塾に入る以前は、間違えた問題は「あとで解き直そう」と思ってそのままにしていたのですが、武田塾では間違えるとすぐにその原因を考え、正しい答えを出し直す流れがあったため、勉強に対する基本的な向き合い方を変えることができました。また、私の担当の先生は、私が先週間違えた問題や私が聞いた質問も覚えてくれていたため、それと似たような問題を次の週に出してくれて、知識の定着へと繋げることが出来ました。

校舎長からのコメント


五十嵐さんは、秋も深まってから志望を大きく変えて文転するという決断をしました。そんな厳しい条件のなかでも、やりたいことを見つけて、そこに向かって進むという強い思いがあったからこその合格だと思います。
ある意味、少し遠回りをしたのかもしれません。でも、こういう選択をしたからこそ見えてくるものもありますし、五十嵐さんのこれからの勉強に対する熱意は、本物になっているのでしょう。
合格のあと書いてもらった「合格体験記」は、読んでいて感心させられるものでした(それがこのブログに載せてありますから、是非ゆっくりと読んでみて欲しいです)。進路を決め切れていない人、なんとなくぼんやりとしか考えていない人は、この機会にじっくり考えてみると良いと思います。

こうした思いをもって、合格を果たしてくれた五十嵐さんですから、この先大学での学びも有意義なものとなることでしょう。是非頑張って欲しいと思います。

好きな参考書ランキングベスト3!

第1位:ポラリス(標準レベル)

コメント:分かり易くかみ砕かれた説明で、どんな人にも向いている参考書だと思います。この一冊を理解すれば、基礎知識はばっちりだと思います。問題も豊富で、おすすめです。

第2位:ターゲット1900

コメント:大学入試の長文に必要な単語は、これでほぼカバー出来ると思います。関連語については個人的には太字の1900語を確実に覚えてからやらないと、あまり意味が無いんじゃないかなと思います。

第3位:肘井学の読解のための英文法が面白いほどわかる本

コメント:私の通っていた高校では文法対策がほとんど無かったため、とてもありがたい一冊でした。知りたいことに対しての回答が簡潔にまとめられているため、比較的さくさくと進められる一冊かなと思います。

○来年度以降の受験生にメッセージをお願いします!


受験勉強を始めるには早いに越したことは無いと思います。出来るだけ早くから自分に合う勉強法、教材、環境等を見つけてください。また、勉強する中でも、つらい時期や苦しい時期が来ると思いますが、そんななかでも自分を支えてくれる人は必ずいます。その人たちへの感謝も忘れずに、勉強する中で将来自分がやりたい事を見つけていってください。
応援しています。

今年、受験生になる方・その保護者様へ

受験相談を実施中!

武田塾では無料の受験相談も随時行っております。

勉強法や志望校について不安がある方、ぜひ、受験のプロと一緒に解決していきましょう!!

五十嵐さんの「逆転合格」も、まずここから始まりました。
いまもっている悩みや、疑問を話してみませんか? きっと先の見通しが開けますよ。

申し込みは以下のフォームから!

サイト一覧